荒川区の葬儀マナー

葬儀の礼儀作法

葬儀の礼儀作法の写真

遺族や親族は正装(男性用、伝統的なもの、喪服)を着用します。

現在では、女性の正装といえばブラックスーツが一般的です。急な連絡などでフルフォーマルな服装を用意できない場合は、地味な服装を心がけましょう。服装はともかく、派手なジュエリーは身につけないようにしましょう。宗教によって書道は異なりますが、迷っている方は、1つの「ゴライアス美人」がすべての宗教に当てはまります。当日はフロントに香典を持参してください。出席できない場合は、お悔やみ状を添えて書留で送るか、出席している人に託すことができます。式に遅刻した場合は、司会者の指示に従い、静かに焼香を待ちましょう。式中は大声で話したり、噂話をしたりしないようにしましょう。友人や知人への挨拶では、声を小さくして静かにお辞儀をしましょう。通夜中に遺族にお悔やみの言葉を述べる場合は、他の出席者のことも考えて、長引かせないようにしましょう。葬儀や告別式では、故人にお悔やみの言葉をかけないのがマナーです。目を合わせたら無言でお辞儀をしましょう。ご遺族へのお悔やみの言葉は、短くてもシンプルでも構いません。思わぬ事態に「ごめんなさい」「ごめんなさい」と小さく低い声で言うだけでも十分に気持ちが伝わります。挨拶の後は必ずお辞儀をしましょう。悲しみをうまく表現できないときは、黙ってお辞儀をすればいいのです。仏教の通夜・葬儀・告別式では、お香を焚いて参列者の心身を清め、故人の冥福を祈ります。焼香の方法は、「立香」「坐香」「座香」「交代で焼香(粉香)」の3つがあり、お皿に香炉を置き、参加者の間にお茶(粉香)を揉みながら焼香します。焼香はどのくらいの頻度で行うのかとよく聞かれますし、宗派によっては独自のルールを設けているところもありますが、1回から3回は心で行うことがほとんどです。