荒川区の葬儀マナー

荒川区の葬儀のマナー

荒川区の葬儀のマナーの写真

葬儀とは、亡くなった時から喪に服す時まで、遺族が行う一連の儀式のことです。

一方、告別式では、故人と接触した人が故人に最後の別れを告げる。もともとは葬儀と告別式は別々に行われていましたが、現在では時間や場所の都合などの理由から、葬儀と告別式は別々に行われることが多く、葬儀と告別式は順次行われています。葬儀は故人との最後のお別れの場なので、葬儀開始の15分前くらいには葬儀場に到着するようにしましょう。基本的にはお通夜と同じマナーです。 何らかの理由で途中で退席しなければならない場合は、最後の最後に座ることになりますが、故人との最後のお別れなので、出棺するまでの間は座り続けるようにしましょう。葬儀・告別式が終わった後、信徒は通常、棺の外で待機しますが、遺族や親族には「お別れ」(最後に会うこと)の言葉をかけてもらいます。 家族が最後に会わせてくれたらお別れしましょう。また、最終的な打ち合わせをしたいのであれば、事前に遺族に断りを入れておくと良いでしょう。霊柩車の蓋を開けると、葬儀社のスタッフが告別式の花を用意してお盆に納めてくれます。 身近にいた人から順にこれらの花を手に取り、体の周り、顔の近くに置いていきます。別れを告げたら、棺桶へ。 時間に追われているのであれば、これが故人との最後のお別れなので、そこにいようとするしかありません。寒い時期は、出棺を待っている間はコートを着ていてもいいのですが、出棺の際には脱いで手に持っておきましょう。 また、雨が降っていて傘をさしている場合は、明るい色や柄はなるべく避けるようにしましょう。 棺が運び出されて車内に置かれる際には、静かにお辞儀をし、遺族代表者の話に静かに耳を傾け、その後に深くお辞儀をします。 最後に、霊柩車が走り去るときには、手を合わせて祈りを捧げて別れを告げましょう。火葬場への同行は、通常は遺族や親族、故人と非常に親しかった人が同行しますが、希望すれば一般の方も同行することができます。ただし、搬送車両やトイレの手配が必要になるため、事前に被災者に伝えておく必要があります。火葬場では、火葬場の前に香炉を上にして棺を安置します。この時、喪主や遺族は火葬用の棺の近くに立って、サービスは後ろに残るようにします。僧侶が読経した後、喪主、遺族・親族、参列者が順番に焼香し、棺の小窓を開けて最後の打ち合わせを行います。 全員が焼香した後、火葬場に棺が置かれ、全員が毒を持った手で送られていきます。僧侶が出棺に同行しない場合は、全員でお線香を焚きます。火葬炉に火がついたら、火葬が終わるまでラウンジで待ちましょう。この時、簡単な食事とワインが出てくることがありますが、飲み過ぎには注意しましょう。火葬が完了したら、納骨箱に納骨します。添乗員が指示した順番に、脚の骨から始めて上半身に移動していきます。 最後に、故人に一番近い人が仏様の喉をつまみ、納骨箱の上に置き、喉を覆う(場合によっては骨を割る)。通常は焼けないような小さな衣類を入れています。