荒川区の葬儀マナー

荒川区の葬儀の特性

荒川区の葬儀の特性の写真

「葬儀」と「お別れ」では意味合いに明確な違いがあります。

本来、「告別式」とは、宗教的な儀式を一切含まない葬儀のことです。宗教的な儀式には、僧侶の朗読、司祭の儀式、神父の朗読などがあります。主に故人や信徒に向けて行う部分です。一方、宗教的な儀式を含まない部分としては、弔事や弔電、喪主からの挨拶などがあります。主に故人とのお別れの儀式の部分です。つまり、「告別式」とは、無宗教の告別式のことです。しかし、「告別式」が普及している地域では、宗教的な儀式を含んでいても「告別式」と呼ばれることもあります。葬儀」という言葉は、宗教的な葬儀と無宗教的な葬儀がありますが、「葬儀」という言葉は、宗教的な葬儀と無宗教的な葬儀があります。お通夜の翌日、火葬式の前の日を指すことが多いです。以上が「葬儀」と「告別式」の違いです。葬儀」「埋葬」「国広敷」という言葉を並べると、意味が混乱してしまいます。次に、これらの言葉の意味が混同されがちな具体的な場面での対処法をお伝えします。