荒川区の葬儀マナー

荒川区の葬儀とは

荒川区の葬儀とはの写真

葬儀には2つの意味があります。

お通夜の翌日、火葬の前に行うことを「お葬式」と理解している方も多いと思います。この儀式は「葬儀」や「弔い」の儀式とも呼ばれています。つまり、「葬儀」は「喪に服す」ことに等しいというのが一般的な理解です。第一義的な意味でのお葬式です。死に方から火葬までの一連の儀式の中に「葬儀」というものがあります。例えば、葬儀の日時を決めるときには、葬儀の日時を決めるのではなく、通夜や火葬、葬儀の日時や場所を決めることになります。第二の意味でのお葬式です。

葬儀とは、1日目が通夜、2日目が葬儀・告別式となる2日間にわたるのが一般的です。偲ぶ会で、一般の喪主が参列し、2日目の正午に行われた葬儀・告別式では、「お葬式」と「お別れの会」が行われました。しかし、時代の変化に伴い、お通夜の流れが変わり、神父さんの聖句朗読が始まるのは午後6~7時頃となり、取引先やご近所の方にも受け入れられるようになってきました。焼香の後、故人との最後の食事は参列者が食べる通夜食で、夜の営みは終了します。特に東京都内では、葬儀社や霊安室のルールなどから、葬儀社に宿泊しない家族が増えています。多くの葬儀社では、火災予防のために宿泊施設を用意していなかったり、夜間に線香やローソクの火を消すことを義務付けているところが多いです。

荒川区 葬儀